ぶん回し歩行の改善に向けた歩行訓練用機器

脳梗塞を発症してしまうと、状況によっては後遺症が残ってしまいます。命に関わる問題がなくなっても、生活に支障をきたす歩行障害が残ってしまうと、退院後の生活が大変になってしまいます。

ぶん回し歩行の改善に向けた歩行訓練用機器 > 脳梗塞の後遺症による歩行障害がひどいと生活に支障をきたす問題になってしまいます

脳梗塞を発症してしまうと、状況によっては後遺症が残ってしまいます。命に関わる問題がなくなっても、生活に支障をきたす歩行障害が残ってしまうと、退院後の生活が大変になってしまいます。

脳梗塞の治療開始は発症後の時間が大事

脳梗塞の治療は、発症後の時間がもっとも大切になります。

発症後すぐに治療が始められれば、後遺症が残る確率も低くなります。
年齢の問題もありますが、発症後は4時間半までに病院で治療を始めることが大切です。


脳梗塞の治療は
・4時間半以内に行う「t-PA」
・8時間以内に行う「血管内治療」

「t-PA」は血栓を溶かす薬になり
脳の血管を詰まらせた血栓を溶かし、再び血液を脳の神経細胞に行きわたらせる効果があります。
早い段階でt-PAを投与することができれば、脳の壊死した範囲を最小限にとどめることもできます。


「血管内治療」は脚の付け根の動脈からカテーテルを脳の血管に送り込むことで治療します。
太い血管に大きな血栓が詰まってしまいt-PAの効果が得られにくい場合や、4時間半を超えてt-PAが受けられない場合などに行われます。


脳梗塞の治療は、発症したらすぐに病院での治療が必要なことを覚えておくといいですね。

脳梗塞の後遺症改善のためのリハビリ

脳梗塞になり後遺症が残ってしまうと
脳の機能を回復させるためのリハビリが始まります。


命の問題がなくなったあと
発症前の状態にどこまで戻れるのかが心配になると思います。

記憶、言語、動作、歩行に障害が出てる姿を見ると、以前とは別人のようで悲しくなります。


人によっては、リハビリによってかなり機能回復をされる方もいます。

入院したらすぐにリハビリを始め
退院するまでの間に、できるだけリハビリをすることがおすすめになります。

退院後の生活に不安を感じる

脳梗塞になり、後遺症が残った状態で自宅に帰るのが不安な方は多いです。

回復リハビリテーション病院から退院すると、自宅での生活になります。

後遺症がどのくらい残っているかによりますが
発症後からいままで病院で治療・リハビリをしていたので、自宅に帰っての生活を不安に感じる方も多いです。



症状が軽く発症後からすぐに治療ができた方もいて
ほとんど後遺症がない状態で退院される方は、自宅に帰るのが楽しみかもしれませんね。

脳梗塞を発症されたかたみなさんが、しっかり回復できるようになるのがいいですね。