ぶん回し歩行の改善に向けた歩行訓練用機器

長下肢装具の膝継手に取り付けることで、膝にブレーキ機能が付くことになります。ひざを曲げて歩く自然な歩行練習ができる次世代型の歩行練習用機器が「GSKnee」になります。膝を固定した長下肢装具でのリハビリでは、不自然な姿勢や足を振り回した歩行練習になります。「GSKnee」を取付けた長下肢装具だと、自然な歩容を考えて練習ができるようになります。

ぶん回し歩行の改善に向けた歩行訓練用機器 > GSKnee(ジーエスニー)ってなに?膝継手に取付けて自然な歩き方で歩行練習ができるように

長下肢装具の膝継手に取り付けることで、膝にブレーキ機能が付くことになります。ひざを曲げて歩く自然な歩行練習ができる次世代型の歩行練習用機器が「GSKnee」になります。膝を固定した長下肢装具でのリハビリでは、不自然な姿勢や足を振り回した歩行練習になります。「GSKnee」を取付けた長下肢装具だと、自然な歩容を考えて練習ができるようになります。

GSKnee(ジーエスニー)ってなに?

GSKnee(ジーエスニー)は
長下肢装具の膝継手に取付けて使う機器です。

藤倉化成株式会社とその他の企業と共同で作り上げた「電子制御膝ブレーキ」です。

一般的な長下肢装具の膝継手に取付けでき
膝に「電子制御膝ブレーキ」の機能が付きます。


膝の屈伸がコントロールできるようになり
膝を曲げて歩く歩行練習ができるようになります。


膝が曲がる長下肢装具でリハビリができると
膝を曲げて歩く、自然な歩き方で歩行練習ができるようになります。



膝をロックした状態では
足を振り回して歩くような不自然な歩き方になります。
その歩き方があたえる体の負担を少しでも軽減できるようになります。

次世代型歩行練習用のロボット機器として、新しいリハビリの形になるのではないでしょうか。
 

GSKneeにはどんな機能があるの?

GSKnee(ジーエスニー)は、一般的な長下肢装具の膝継手に取り付けることができます。
膝継手に取付けることで、長下肢装具の膝に「電子制御膝ブレーキ」の機能が付きます。


コントロールできるブレーキ機能があれば
膝折れの心配を防ぎながら、歩容を意識した歩行練習ができるようになります。


脳卒中・脳梗塞などの後遺症により
身体が半身麻痺になってしまうと
足にチカラが入らず、歩くときに体重を支えきれず膝が折れ転倒してしまうことに。

歩行練習中の転倒を心配し、膝ロックした状態にすることがほとんどです。
それでは、回復後の歩き方が不自然になってしまいます。


GSKnee(ジーエスニー)は、膝を曲げながら歩く練習をすることができる、新しい歩行練習機器になります。
 

GSKneeの紹介動画はあるの?

GSKnee(ジーエスニー)の紹介動画があります。

動画を見てもらうことで、どんな機能があり、どんな感じで歩行練習をするのかイメージできます。

>>GSKneeの紹介動画はこちらから


リハビリは始めるときから「GSKnee(ジーエスニー)」を使えば
膝を固定してする歩行練習ではなく、膝を曲げて歩く自然な歩容でのリハビリが可能になります。
 

GSKneeの資料請求はどこから

もっと詳しく知りたい方に
「GSKnee(ジーエスニー)」の価格や資料請求などのお問い合わせ先はこちらからできます。

>>GSKnee 公式サイト

詳しい説明を聞きたい方や、実際に使って見たい方は
お問い合わせして、詳しく聞くのがいいですね。。

価格・値段・リース条件など、GSKnee(ジーエスニー)の利用に興味がある場合は、質問・疑問なども受け付けますので、まずはお問い合わせをおすすめします。