ぶん回し歩行の改善に向けた機器

ぶん回し歩行を改善し、膝を曲げて歩けるようになりたい。長下肢装具の膝はロックされていますが、膝関節の動きを制御できる歩行練習デバイスをつけることで膝を曲げた自然な歩行ができるようになります。

ぶん回し歩行の改善に向けた機器 > ぶん回し歩行の改善|片麻痺歩行のリハビリで膝を曲げて歩行したい

ぶん回し歩行を改善し、膝を曲げて歩けるようになりたい。長下肢装具の膝はロックされていますが、膝関節の動きを制御できる歩行練習デバイスをつけることで膝を曲げた自然な歩行ができるようになります。

歩行練習機器を使ったリハビリ

ぶん回し歩行のようなクセのある歩き方の改善は、どのように進めたらよいのか、悩まれていらっしゃる方は多いと思います。

ぶん回し歩行を改善する近道は、回復期に大阪の千里リハビリセンターなどで導入されている『GS Kneeという機械を長下肢装具にとりつけてリハビリを行うことです。

このページへいらしている方は、回復期を過ぎてしまいご自宅でリハビリに取り組んでいらっしゃる方やリハビリに通っている方でしょう。

現在退院後『GSKneeを使ってぶん回を改善するためのリハビリができる場所は全国に1か所のみです。そちらへ転院するのは、今通っている病院の方が慣れていらっしゃるし近いので、なかなか難しいと思うので、ご自身の通院されている担当医さんに『GS Kneeの導入を依頼してみてください。

GS Knee(ジーエスニー)ロボケミアシリーズ



GS Knee(ジーエスニー)資料・お問い合わせ



脳梗塞や脳卒中を患い、一生懸命リハビリをして回復期を過ごし、杖を使ってひとりで歩けるようになる方も多いです。

ひとりで歩けるようになっても、ぶん回し歩行など、歩き方で悩んでいらっしゃる方や、これからリハビリ、またはただいまリハビリ中という方、この患者さんを担当されている理学療法士さんや医師の方々も、ぶん回し歩行の改善はできるだけして行きたいと思われていらっしゃることでしょう。

 

ぶん回し歩行の改善に向けて

ぶん回し歩行の改善に1番いいタイミングは、リハビリを始める最初から歩容を考えた練習をするのがいいです。
この時期をどのようにして過ごすかによって、その後の歩き方は全然変わってきます。


脳梗塞や脳卒中の結果として、残念ながら脳の一部は死んでしまっていますが、その周りの脳が死んでしまっている脳の機能を補うかのように発達し、この回復期にどうやって指を動かしていくか、どうやって立ち上がるのか、どうやって歩くのかを一から、赤ちゃんに戻ったような状態から憶えていきます。


そして人間の行動は無意識に行われていることがほとんどであり、その行動は日々の繰り返しによって習得され習慣化されたものでもあります。


ですので、一から覚えるその時(回復期)に、本来の歩き方に即した歩き方で練習することがいかに重要になります。
ただ、歩くことだけを考えると、足を振り子のようにぶん回して歩くスタイルになります。
足をぶん回して歩くのは、手っ取り早く、ひとりで杖を使って歩くことができるようになるのでいいですが、ずっと続けていると、腰や他の部分に負担をかけることになります。

足をぶん回して歩くスタイルは、カラダに負担をかける歩き方になります。
改善できるなら、ぶん回し歩行は改善されるほうがいいです。

そして、問題はここからですが、通常のリハビリでは長下肢装具や短下肢装具を装着して行うことが多いですが、この長下肢装具や短下肢装具をつけた状態で膝を曲げるという動作がなかなか難しいのです。患者さんのまだ歩くことに慣れない状況で、曲がるような機能が備わっていないため、患者さんはどうしても横に足を回して歩く、ぶん回し歩行をしてしまいます。これは、自然に歩ける方法がぶん回しする方法だからにほかなりません。足をぶん回しする歩き方のほうが楽に歩ける為、こうなってしまうのです。


そして、多くの方が歩く練習をされている方を道路で見たことがあるかと思いますが、足をぶん回しして歩き方は脳梗塞や脳卒中を患ってしまった患者さんの、通常の歩き方というイメージがついてしまっています。


これは非常にもったいないことです。
なぜなら現在は、足をぶん回しする歩き方にならないための歩行練習機器(GS KNneeジーエスニー)があるからです。


それはすでに10以上の病院に導入されています。大阪の千里リハビリセンターがその代表の病院です。

GS Kneeの使い方は、必ず医学療法士や医師、セラピストさんと一緒に使います。毎日15-20分のリハビリを3か月行うことで、神経がつながり脳が筋肉の動きを習得して行きます。
こうして3か月を迎えると膝を曲げた自然な歩き方を習得できる方が多いです。


ただ、現在のところでは回復期の3か月間にこのジーエスニーを使わないと、退院後には使うことがなかなか難しいシステムです。冒頭に述べたように退院後この機会を使えるリハビリセンターはまだ一か所しか無いからです。


もし現在回復期のリハビリをどこで受けようか悩まれている方は、是非千里リハビリセンターへ相談されて見てください。また、他にもお近くの施設がありますので、そちらでもいいと思います。


私の友人は早く自分で歩けるようになりたかったため、回復期の訓練で歩きすぎてしまったそうです。1日20-30分のところ、暇だからといってはリハビリをして毎日6時間も歩く練習をしてしまったそうです。その結果驚異的な回復を見せました。ただGSKneeはまだ開発されていなかったので使うことはできず、GS Knee(ジーエスニー)の話をしたら退院しても使ってみたいと言っていました。


現在は、足をぶん回して歩けるようにしたリハビリの代償で、足の外側に重圧がかかって側面の骨が削れてしまい、反対側の骨を削って痛みを和らげたりと、ぶん回し歩行からくる二次的な問題にも悩まされているということです。また疲れるとどうしてもぶん回し歩行がひどくなってしまうということです。

こういう話を伺うと、回復期を終えてもGS Knee(ジーエスニー)をつかったリハビリを進められるような環境が整ってくると思います。またもし自分や家族が倒れた場合は、すぐに回復期のことを意識して病院を選べるようにしておきたいです。


まとめると、ぶん回し歩行にならないようにするには、回復期のリハビリでGS Kneeを使うことが重要なポイントです。もしぶん回しの歩き方ですでに退院されているのであれば、退院後のリハビリに使えるように、通っている病院にリクエストしてみることが、ぶん回し歩行の改善につながると考えます。また、リハビリの際に歩くときに膝を曲げるという点を忘れないで取り入れたいところです。