ぶん回し歩行 改善

脳梗塞などが原因による片麻痺の方の多くは歩行時に麻痺側の足の関節の屈伸がうまくできず、所謂ぶん回し歩行になってしまいます。ぶん回し歩行は歩く体勢に無理があるので体の負担が大きく疲れやすいうえ片麻痺の方の心理的負担にもなってしまいます。

ぶん回し歩行 改善 > ぶん回し歩行 片麻痺

脳梗塞などが原因による片麻痺の方の多くは歩行時に麻痺側の足の関節の屈伸がうまくできず、所謂ぶん回し歩行になってしまいます。ぶん回し歩行は歩く体勢に無理があるので体の負担が大きく疲れやすいうえ片麻痺の方の心理的負担にもなってしまいます。

ぶん回し歩行と片麻痺

脳梗塞、脳出血などの脳疾患により片麻痺になってしまった方は、脳の指令がうまく手足に伝わらず、自分の思った通りに関節の曲げ伸ばしが出来ません。関節が曲げられないので、どうしても歩行時に片足を投げ出すような歩き方、所謂ぶん回し歩行になってしまう方が多いようです。

片麻痺の方がぶん回し歩行になってしまう原因は、関節がうまく曲げられないだけではありません。麻痺がある体半分を自分の脳が認識してくれないため、いま自分の手足が何処の位置にあってどんな状態なのか把握することができないのです。よって認識できない体半分に体重をかけるような歩き方(バランスを崩す態勢になること)に恐怖心があり、認識できるほうの体半分を使って歩く癖ができてしまうのだそうです。この状態を「身体半身が透明人間になったようだ」と表現される方もいます。

ぶん回し歩行は身体にも大きな負担が掛かります。腰痛や関節痛の原因になったり、麻痺側の反対足で動きをカバーするため健足側も傷めてしまう恐れもあります。更に長時間歩くと大変な疲労に襲われてしまうのも本人にとっては大きな負担になります。

また、ぶん回し歩行は不自然な歩き方になってしまうためコンプレックスにもなりやすく、中には歩くのが嫌で家の中に引きこもりがちになる方も少なくないようです。

片麻痺と筋トレ、ぶん回し歩行は筋トレで改善できるのか?

片麻痺になってしまった患者さんにスクワットなどの筋トレを推奨している先生がいらっしゃるのを以前 本で読んだことがあります。

脳卒中発症直後からスクワットをすることで筋力をつけることで、早いうちから歩くことが出来るようになるそうです。
少し前までは脳梗塞などの脳疾患を発症した場合、しばらく集中治療室で安静にしたあと大分経ってからリハビリを開始していたそうですが、現在では発症後なるべく早くリハビリを始めることが早期回復の為の常識になっているのだとか。
ただ、筋力を鍛えることでぶん回し歩行を改善できるかどうかについては少し疑問に感じます。ぶん回し歩行は脳からの指令がうまく伝達できないためにおこるものなので、筋力とは関係ないと思えるからです。

ただ、筋トレには片麻痺の方に是非お勧めしたい素晴らしい効果もあります。筋力が強くなれば、それだけ長く歩くことができ、座ったり立ち上がったりする動作も楽にできるようになります。また、片麻痺の方が歩行するうえで一番怖いのが即骨折につながる転倒ですが、筋力がつけば、転びそうになった時 その場で踏みとどまって転倒を防ぐことができるようになります。

片麻痺の方が外を歩く時は様々な危険があります。スマホを見ながら歩いている人がぶつかって来ることもあるし、視野欠損がある方は何かの障害物につまづく事もあると思います。ですが足腰を鍛える事でリスクを少なくできるはずです。

足腰を鍛えるにはスクワットが一番効果的だそうです。椅子の背や介護ベッドの手すりなどにつかまって膝を曲げ伸ばししてスクワットすれば片麻痺の方でも安全に筋トレできますね。それでも転倒が心配な方は、家族などに見守ってもらうといいかも知れません。

片麻痺とぶん回し歩行 初期のリハビリが重要です!

片麻痺のリハビリは最初の6ヵ月間が重要だと言われています。
人間の脳には可塑性というものがあり、たとえ脳の一部が損傷しても 残りの脳が、損傷した部分の脳の働きを補ってカバーしていま働きがあるのですが、この脳の補う働きが飛躍的に発達するのが最初の6ヵ月だと言われています。

また、麻痺した手や足を動かしたりマッサージすることで、脳へ刺激を与える事にもなるそうです。リハビリすることで脳も活性化されるのかも知れませんね。だから急性期のリハビリは本当に大切です。

病院によってリハビリの質はかなり違うようです。
もしあなたが急性期病棟からリハビリ期に入り新しいリハビリ病院を探しているなら、リハビリの質に拘ってください。
どんなリハビリ方法を採用ているのか?理学療法士などのセラピストたちのモチベーションは高いのか?ネットで口コミなども調べることもできます。

今は片麻痺の為の最先端のリハビリ医療機器を導入している病院も増えてきています。

最新のリハビリについてはこちらの記事でも触れています。
ぶん回し歩行 改善

最新のリハビリ療法を受けられるかどうか?がこれからの人生を左右することは間違いありません。どの病院を選ぶかで、今後の人生の幸福度が変わると言っても過言ではないのです。

脳梗塞などによる片麻痺が奪うものは身体の不自由だけではありません。仕事、スポーツなどの趣味、好きな事、食べる事、人と楽しく話すこと・・・
今まで当たり前にやってきた事など、諦めなくてはならない事が多くあります。
せめて自分の足で歩く喜びは手放すことなく、これからの人生の幸福度を上げて頂きたいと願っております。