ぶん回し歩行の改善に向けた機器

GS Knee ジーエスニーの資料請求やお問い合わせに関する連絡先のご紹介です。ジーエスニーは歩行練習のリハビリ時に、膝の動作をサポートする補助機器です。「ぶん回し歩行」の癖を回避し、膝を曲げる歩き方が可能になります。

ぶん回し歩行の改善に向けた機器 > GS Knee(ジーエスニー)資料請求や各種お問い合わせについて

GS Knee ジーエスニーの資料請求やお問い合わせに関する連絡先のご紹介です。ジーエスニーは歩行練習のリハビリ時に、膝の動作をサポートする補助機器です。「ぶん回し歩行」の癖を回避し、膝を曲げる歩き方が可能になります。

GS Knee(ジーエスニー)の資料請求・各種お問い合わせ先

リハビリテーションにおける歩行練習デバイス『GS Knee(ジーエスニー)』に関する資料請求や各種お問い合わせは、こちらから可能です。

>>> GSKnee


現在、購入・リース専用の申し込みページはなく、まずは問い合わせることで、利用条件等に合わせ、個別にお話を進めるという形になるようです。

GS Knee(ジーエスニー)に興味を持たれた方の中には、医師・理学療法士、病院・リハビリ施設経営関係者、また、現在、脳卒中等で本人もしくは家族がリハビリ中の方など、様々な立場の方がいらっしゃると思います。

医療関係者様にかかわらず、お問い合わせは、このページのリンク先のページから可能です。

GS Knee(ジーエスニー)の質問・疑問などでも受け付けていますので、まずはお問い合わせされてみることをおすすめします。

健康寿命を伸ばすことは共通した大きな課題

これから100年時代を生きる我々にとって、健康寿命を伸ばすことは共通した大きな課題の一つです。なかでも、自分の力で歩き続けられるということは、とても重要なテーマだと思います。

長い年月をかけてGS Knee(ジーエスニー)を作りあげた開発者のように、可能性を諦めないでください。あなたの問い合わせという「その一歩」から開ける未来があります。

共に自立し持続できる幸せな未来に向かって、明るい希望を描いていきましょう。



GSKneeの問い合わせページはこちら

GS Knee(ジーエスニー)導入におけるメリット

GS Knee(ジーエスニー)は、リハビリテーションにおける歩行練習デバイスです。
長下肢装具の膝継手に装着して使用するGS Knee(ジーエスニー)は、リハビリ時に理学療法士が操作し歩行練習を助ける機器です。軽量・省電力による優れた装着性を有し、立脚後期から遊脚期のリハビリにおいて膝の屈曲を可能とすることで、従来のいわゆる「ぶん回し歩行」と呼ばれる不自然な歩き方の癖を回避し、膝を曲げて歩くことを可能とします。

GS Knee(ジーエスニー)には、世界初の新素材と二足歩行ロボットの制御技術、ブレーキを制御するソフトウェアによる膝回転の制御機能を備えています。そのため、歩く練習において、間違って屈曲位で接地した場合でも、いち早く伸展位に移行する動きが可能であり、屈曲方向に対してはブレーキ制御を行うことで膝折れによる転倒を防ぎます。

さらに立ち座り練習においても、屈曲方向のブレーキ力を調整することで、立ち上がり動作や腰掛け動作をサポートすることができ、安全性にも優れた設計となっています。


リハビリされる患者さんにおいては、リハビリ完了後に膝を曲げて歩くことが可能となる希望が持てることや、膝の動作をサポートする補助機能によるリハビリ時のストレス軽減から、リハビリに対するモチベーションアップ効果と早期の機能改善が期待できます。

また、リハビリをサポートする理学療法士・セラピストの方においても、GS Knee(ジーエスニー)のブレーキ制御機能と手元のハンドスイッチによる膝関節のブレーキ操作とで、歩行練習時の患者を支える際の身体的負担、および、それに伴う精神的負担の軽減が望めます。

病院・リハビリ施設においては、『GS Knee(ジーエスニー)』が小型機器であることや、既存の長下肢装具に装着可能なことから、スペース的・金銭的な課題におけるハードルも低く、設備投資の面での導入しやすさといったメリットがあります。


リハビリに関わる多くの方にとって、メリットの多さと導入におけるハードルの低さにより、今後、数多くの病院やリハビリテーション施設での導入が見込まれます。また、メディア等により取り上げられる機会も増えることが想像されます。ご興味を持たれた方は、早めのお問い合わせをおすすめします。

GS Knee(ジーエスニー)資料・お問い合わせ


※歩行練習デバイス『GS Knee(ジーエスニー)』は、藤倉化成株式会社が長年に渡り各関連会社・関連団体と共同開発・研究し完成させました。